間接照明のおすすめ10選!おしゃれな部屋になる選び方と置き方のコツを伝授

NO IMAGE

室内を癒しの空間にしたい、家族がリラックスできる快適な空間を作りたい、そんな悩みを抱えてはいませんか?

家具や室内の壁・フローリングだけではなく、間接照明の選び方次第で快適な住まい空間を作り上げることができます。

そこで、おすすめの間接照明10選と上手に選ぶポイント、効果的な使い方についてご紹介します。

間接照明とは

間接照明とはどんな照明なの?

そもそも間接照明とはどのような照明のことを指すのでしょうか。

配光による照明の種類には直接照明・半直接照明・全般拡散照明・半間接照明・間接照明など多くの種類があります。その中でも今室内の快適な住まい空間に欠かせないのが、間接照明です。

そもそも間接照明とは間接形照明とも言い、光線の多くの光を天井や壁に反射させ、間接的な光のパワーで照らすことを言います。

これに対して、光のパワーを直接的に照らすのが直接照明、または直接形照明と言います。

直接照明はストレートな照明、間接照明はややソフトで穏やかな照明とイメージするとわかりやすいですね。

単純に照明の明るさで比較すると、直接照明のほうが明るく、間接照明は光の反射と影によるコントラストがあり、軟らかい感じの照明です。

間接照明をうまく活用すれば、室内の雰囲気作りにも役立ち、日常生活の空間とはかけ離れた独創的な快適空間を生み出すこともできます。

間接照明のおもな役割とは?

それでは、間接照明はどのような役割を果たしているのでしょうか。

室内の空間は照明の選び方や使い方で大きく変化します。直接照明はその名の通り、照明の光がダイレクトに届くので室内の明るさが保たれることでは満足度が高いです。

しかし、光のパワーがストレートなので目と脳に刺激を与えてしまうこともあります。

間接照明は穏やかな照明なので、室内でリラックスしたい時に最適です。ホテルや旅館に宿泊すると、照明の光が穏やかで自宅で過ごす時とはまったく別の空間が広がる、そんな体験はありませんか?

それは間接照明の柔らかい光によるリラックス効果によるものだと考えられます。

明るくてまぶしい光は目と脳を刺激しますが、間接照明のソフトな光は、気持ちを落ち着かせてくれる効果が期待されます。間接照明の役割は室内に快適空間を作ること、奥行きのある空間を作ることです。

とくに夜寝る前はストレートな光は自律神経を刺激するため、眠りを妨げることもあります。その点、間接照明は明るさが抑えられているので、心地良い眠りへと誘ってくれます。

もうひとつ間接照明の役割・効果として、いつ内のインテリアとしても映えるので、質部屋全体の質感が高くなります。間接的に穏やかに光を照らしてくれるので、目に優しいですね。

おしゃれな部屋を演出する間接照明の選び方

間接照明にはいろんな種類があり、いざ室内に置くとなるとどれを選んだら良いか迷ってしまいますよね。間接照明の選び方次第で室内の雰囲気も変わってきます。

そこで、おしゃれで快適な室内空間を演出する間接照明を上手に選ぶポイントして5つご紹介しましょう。

どの場所を集中的に照らすかで選び方が変わる

間接照明を上手に選ぶポイントのひとつとして、室内のどの場所を集中的に照らすのかまず考えてみましょう。

間接照明はその名の通り、間接的な光ですから、どの場所を集中的に照らしてもまぶしく感じられることはなく、光のパワーが抑えられています。それでいて快適な癒しの空間を生み出してくれます。

間接照明の種類は、天井を照らすコープ照明、天井とともに壁を照らすバランス照明、壁を集中的に照らすコーニス照明などがあります。室内にはどのタイプの間接照明が合うのか、イメージしておくことが快適空間を生み出すためのファーストステップですね。

うまくイメージできなかったら、人気のホテルや旅館に宿泊して室内の照明について研究するのも良いし、インテリア関係の写真などを見て研究してはいかがでしょうか。

室内での過ごし方やニーズで選ぶ

間接照明を室内にぜひ取り入れたいと思ったら、どのようにしたいのかイメージしてみましょう。まずは室内での過ごし方について、どのように考えていますか?

ソファーに横たわって本を読み静かに過ごしたい、家族との団らんの場にしたい、ひとりで音楽を聴いて過ごしたいなど。室内での過ごし方やニーズは人それぞれです。

間接照明を選ぶのに迷ったら、店員に相談するのも良いし、自分の希望を伝えてみましょう。快適な空間を生み出すためのアドバイスもきっとしてくれるはず。

室内の空間奥行きの広さを重視して選ぶ

間接照明にはいろんな種類がありますが、室内空間の奥行きを広くしたいのならコーニヌ照明がおすすめです。

室内が狭くて奥行きが出ない、広さはあるのにインテリア家具などを置いているために狭く感じられる人は、壁に軟らかい光を照らして反射するタイプのコーニヌ照明が適しています。これを室内に置くだけでも奥行きが広がり、ゆったりとした快適空間を保てます。

反対に、室内の広さが十分にある場合は、このような照明は不向きかもしれません。要は室内の広さや特徴に合わせて、それにふさわしい間接照明を選ぶということですね。

間接照明の形状で選ぶ

間接照明にはいろんなタイプがありますが、室内をよりおしゃれに快適な空間にするには、間接照明の形状や色、デザインを重視して選ぶと良いでしょう。

天井からつり下げるタイプのペンダントライトの間接照明は、ただ設置するだけで室内の雰囲気がガラッと変わります。間接照明は室内に光を照らす役割だけではなく、インテリアとしての効果もありますので、形状や色、デザインにはこだわりが必要ですね。

行きつけのコーヒーショップや喫茶店やお店などに行って、間接照明をじっくり見て研究すると良いでしょう。

この他にはシェードライトとも呼ばれるフロアライトの間接照明もあります。

ベッドやソファーの横などちょっとした間接照明がほしい人は、このタイプがおすすめです。まっすぐ立つのでスタンドライトと呼ばれることもあります。

場所をとらない間接照明を探しているなら、室内にひとつは欲しいですね。

間接照明の色を重視して選ぶ

間接照明のデザインや質感なども重要ポイントですが、やはり照明ですから色の加減にはもっともこだわるべき重要ポインですね。

間接照明の色の明るさや特徴のことを色調と言い、少し青白い光の昼光色、薄い黄色っぽい光の電球色、この2タイプと比較してもっとも自然な光の昼白色、おもに3タイプあります。間接照明で落ち着いた室内空間を作りたいのなら電球色が適しています。

直接照明のようにはっきりとした明るさは不要だけど、電球色よりはもっと明るい雰囲気にしたいと思ったら昼白色の間接照明を選ぶなど、ニーズに合わせて選ぶと良いでしょう。

間接照明のおすすめ10選!

間接照明は種類が多すぎてどれを選んだら良いかわからない、そのような悩みにお応えするために間接照明のおすすめアイテムを厳選して10種類ご紹介しましょう。

防水LEDインテリアライト moonlight

防水LEDインテリアライト moonlightはムーンライトの名の通り、満月をイメージした間接照明です。実はこのアイテムには防水機能がついているので入浴中にも癒しの空間を満喫したい人、リラックス気分に浸りたい人におすすめです。

明るさは3段階調節可能で入浴中に心地良くなって眠ってしまっても、自動消灯・自動点灯のタイマー付きだから節電対策にも。

価格: 16000円(税込)
どの部屋向きか: バスルーム・リビング・ベッドルーム
商品の販売先URL: https://item.rakuten.co.jp/wystyle/wy-ledlight001/

12色LEDキャンドル タマゴ型

12色LEDキャンドル タマゴ型はその名の通り、とってもかわいらしくてカラーバリエーション豊富な間接照明です。

夜寝る前に枕元にひとつ置いておきたいアイテムですね。見た目にもかわいらしいので、ふだん使わない時はインテリアとしても楽しめます。

ミニ間接照明という感じでお手頃な価格が人気の秘密です。

価格: 2680円(税込)
どの部屋向きか: ベッドルーム
商品の販売先URL: https://www.amazon.co.jp/%E3%80%90WY%E3%80%91%E3%83%AA%E3%83%A2%E3%82%B3%E3%83%B3%E4%BB%98%E3%81%8D-12%E8%89%B2LED%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AB-12%E7%A8%AE%E9%A1%9E%E3%81%AE%E8%89%B2%E3%82%92%E5%88%87%E6%9B%BF%E3%81%A6%E7%82%B9%E7%81%AF%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%82%8BLED%E4%BD%BF%E7%94%A8-%E6%A7%98%E3%80%85%E3%81%AA%E9%9B%B0%E5%9B%B2%E6%B0%97%E3%82%92%E4%BD%9C%E3%82%8A%E5%87%BA%E3%81%9B%E3%82%8B%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%86%E3%83%A0-%E3%81%A4%E3%82%84%E6%B6%88%E3%81%97%E3%82%AC%E3%83%A9%E3%82%B9%E8%A3%BD%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AB%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%82%B9/dp/B00KIC4W8Q?SubscriptionId=AKIAJJ5H56TXWTOQCARQ&tag=gpoint0d7-22&linkCode=xm2&camp=

電球付き スタンドライト 間接照明 【 mt3003 】

繊細で斬新なデザインが魅力的でちょっぴり不思議、神秘的な雰囲気が漂います。

全体的にくねくねしているところが女性的で軟らかい光が差し込みます。

見た目には光加減が弱いように感じられますが、60ワットの光ですからデスクに置いた置けば本が読めるくらいの明るさです。

価格: 10700円(税込)
どの部屋向きか: ベッドルーム・テーブル・リビングなど
商品の販売先URL: https://www.amazon.co.jp/%E9%9B%BB%E7%90%83%E4%BB%98%E3%81%8D-%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%88-%E9%96%93%E6%8E%A5%E7%85%A7%E6%98%8E-%E3%80%90-mt3003/dp/B00CL4VUX4?SubscriptionId=AKIAIOZT56TLDVIBCEZA&tag=mayonez-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B00CL4VUX4

Lifeholder テーブルライト 和風スタンド

洋室の部屋の中にもどこか和のテイストが欲しい、そんな方におすすめなのがLifeholder テーブルライト 和風スタンドです。

書斎やベッドルームなどにひとつ置いておくとそれだけで心が和み、癒されます。

見た目にはシンプルですが、質感が高くて明かりをつけると、リラックスムードに包んでくれます。

価格: 2300円(税込)
どの部屋向きか: 書斎・別度ルーム・テーブルなど
商品の販売先URL: https://www.amazon.co.jp/Lifeholder-%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%88-%E5%92%8C%E9%A2%A8%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%89-%E3%83%99%E3%83%83%E3%83%89%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%97-%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%88/dp/B074GYBFNX?psc=1&SubscriptionId=AKIAIOZT56TLDVIBCEZA&tag=mayonez-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B074GYBFNX

キャンドルライト

少し離れて見ると本物のキャンドルのような質感があり、室内でキャンドルの火を灯したいけれど、消し忘れが気になる、そんな方にピッタリの間接照明です。

キャンドルライトの名の通り、火に見立てた光のゆらぎ方がリアルですね。

マッチ売りの少女の世界に一歩足を踏み入れたような気分にさせてくれます。リモコン付で省エネ対策にもおすすめのアイテムです。

価格: 1099円(税込)
どの部屋向きか: リビング・ベッドルーム・書斎・テーブルなど
商品の販売先URL: https://www.amazon.co.jp/woolkom-%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AB%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%88-%E3%82%8D%E3%81%86%E3%81%9D%E3%81%8F%E7%99%92%E3%81%97%E3%81%AE%E7%81%AF%E3%82%8A-%E8%B6%85%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%81%AALED-%E7%9C%81%E3%82%A8%E3%83%8D%E3%83%BB%E9%95%B7%E6%8C%81%E3%81%A1%E3%83%BB%E4%BE%BF%E5%88%A9/dp/B01EI28EPS?psc=1&SubscriptionId=AKIAIOZT56TLDVIBCEZA&tag=mayonez-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B01EI28EPS

北欧風 フロアライト

間接照明としては限りなく直接照明に近いのが特徴で、まるでスポットライトが当たったような華やかさがあります。まるでデコレーションケーキを逆さまなしたような形状で、スポットライトは360度回転可能、目立ちたがり屋の人におすすめです。

間接照明はどこか地味なイメージがありますが、この北欧風 フロアライトに限ってはそのようなイメージを払拭させてくれます。

室内の壁やインテリアが渋めの部屋にピッタリで、明るい光を照らしてくれます。限りなく直接照明に近い間接照明といったところでしょうか。

価格: 11800円(税込)
どの部屋向きか: リビングなど室内のインテリアや壁が暗い雰囲気の部屋に
商品の販売先URL: https://www.amazon.co.jp/%E3%80%90%E5%A4%A7%E4%BA%BA%E3%81%AE%E7%A9%BA%E9%96%93%E3%82%92%E4%BD%9C%E3%82%8B%E9%96%93%E6%8E%A5%E7%85%A7%E6%98%8E-%E3%81%8A%E3%81%97%E3%82%83%E3%82%8C%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%88%E3%80%91-%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%88-%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%88-%E6%9C%A8%E7%9B%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3/dp/B00KPTN512?psc=1&SubscriptionId=AKIAIOZT56TLDVIBCEZA&tag=mayonez-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B00KPTN512

LEDスリムライト

間接照明は場所をとらないものが良い、ただなんとなくそこにあれば良い、そんな方におすすめなのがLEDスリムライト。その名の通りボディ全体がこれ以上スリムになれないほど思いっきりスリムです。

間接照明というよりは、杖が置かれているようなイメージですね。光の種類はLEDで光加減は3段階調節、スリムなのに高機能な間接照明です。

価格: 3499円(税込)
どの部屋向きか: ベッドルーム・リビングなど
商品の販売先URL: https://www.amazon.co.jp/%E7%9B%B4%E7%AE%A1%E5%BD%A2LED%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%97-LED%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%A0%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%88-GT-SET50CM-TSW-LED%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%A0%E7%85%A7%E6%98%8E%E5%99%A8%E5%85%B7-%E3%82%B9%E3%83%81%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF%E3%81%AB%E5%8F%96%E3%82%8A%E4%BB%98%E3%81%91%E3%82%89%E3%82%8C%E3%82%8BLED%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%88/dp/B01J9XBFP2?psc=1&SubscriptionId=AKIAIOZT56TLDVIBCEZA&tag=mayonez-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&c

TOMOL 人感センサーライト 足元ライト

定番の間接照明と言えば、やっぱりTOMOL 人感センサーライト 足元ライトですね。腎人感センサー付きで必要な時だけ足元を適度な明るさで照らしてくれます。

真っ暗な部屋にいると、こどもは夜トイレに起きるのも怖くなってしまいます。そんな時に足元ライトがあれば安全・安心。高齢者のひとり暮らしにもおすすめです。

光の明るさは常灯・人感センサー・オフと切り替えが自動で便利ですね。

価格: 990円(税込)
どの部屋向きか: リビング・子供部屋など
商品の販売先URL: https://www.amazon.co.jp/TOMOL-TL-SL01-%E4%BA%BA%E6%84%9F%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%82%A4-%E8%B6%B3%E5%85%83%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%88/dp/B01A5ROTJA/ref=as_li_ss_tl?s=kitchen&ie=UTF8&qid=1474451044&sr=1-21&keywords=%E9%96%93%E6%8E%A5%E7%85%A7%E6%98%8E&linkCode=sl1&tag=sl01tn-22&linkId=4a7f17481eeaa019b4b4b7df55003a31

ヒキダシ フレイムス フロアスタンド

照明をつけた瞬間から軟らかくて温かい光が差し込み、心が和みます。どこか幻想的で神秘的なムードを醸し出し、間接照明であることさえも忘れさせてくれます。

その姿はまるで日本の古き良き時代の名残のある伝統工芸品のようにも感じられ、和のテイストが室内に欲しい方に最適です。

価格: 26250円(税込)
どの部屋向きか: リビング・寝室・玄関・階段の下など
商品の販売先URL: https://www.amazon.co.jp/Flames-%E3%83%95%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%A0%E3%82%B9-%E3%83%95%E3%83%AD%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%97-%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%83%B3-HDF-101/dp/B002DM1GVU?SubscriptionId=AKIAIOZT56TLDVIBCEZA&tag=mayonez-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B002DM1GVU

キシマ Laube テーブルライト

木目調と白のコントラストが魅力的で光りを照らすと、室内が穏やかな空間へと生まれ変わります。テーブルの上に置いても良し、ベッドルームやソファーの近くに置くにも良し、持ち運びに便利なのでどんなニーズにもマッチします。

価格: 3693円(税込)
どの部屋向きか: リビング・テーブル・書斎など
商品の販売先URL: https://search.rakuten.co.jp/search/mall/%E3%82%AD%E3%82%B7%E3%83%9E+Laube(%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%96)+%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%88/?scid=af_pc_etc&sc2id=af_108_0_10000366

間接照明の上手な置き方、使い方のコツ

天井から吊るタイプのペンダントライトなら、常に天井に固定されていますが、下に置くタイプの移動が可能な間接照明は配置する場所によっても室内の雰囲気が変わります。

おしゃれで快適な空間を作り出すためには、ニーズに見合う間接照明を選ぶことも肝心ですが、実は置き方や使い方によっても工夫することができます。

間接照明の置き方のコツ

間接照明はただ光を照らすだけではなく、置く場所や置き方によっても効果が変わってきます。家具の種類によっても置き方が変わってきます。

たとえば、テーブルがちょっとシンプル過ぎてもっとしゃれた感じが欲しいと思ったら、小さなテーブルランプを上に置くだけでガラッと雰囲気が変わり、殺風景な風景から華やかな空間へと変わります。

スタンドタイプやスティックタイプの間接照明は軽くて持ち運びに便利、どこにでも置けます。テレビの近くやベッドの横、ソファー周辺、デスクの横に置くと、落ち着いたリラ尽くす空間を生み出します。

室内に大きなミラーがあれば、その周りに間接照明を置いてはいかがでしょうか。シンプルなタイプのミラーだとちょっと寂しい感じですが、隣に間接照明があればちょっぴり華やいだ雰囲気になります。

間接照明の使い方のコツ

間接照明は単なる照明ではなく、部屋を広く見せたり、美しく見せるアイテムです。

天井や壁に固定された間接照明は移動させて使うことはできませんが、スタンドタイプやランプなどはどこにでも持ち運びが出来て便利です。

リビングやキッチンなど家族の団らんの場所では、間接照明だけだと薄く楽感じられてしまいます。明るい光が必要な場所ですから、間接照明だけではなく直接照明など明るい光のパワーとともに間接照明を使うと効果的です。

直接照明のパワーで明るい光が室内に差し込み、さらに間接照明を室内に置くと明るさの中にも癒しの空間が生まれます。室内の照明は1つの種類だけでなく、2種類以上組み合わせることで、新たな空間が生まれます。

室内にてひとりで静かに音楽を聴きたい時は、思い切り音楽の世界を満喫したいですよね。そんな時は、調節照明の光は必要なく、間接照明をステレオやソファーの横に置いて使うと良いでしょう。

間接照明はひと部屋にひとつではなく、複数置いて使うことで明るい雰囲気にもなれます。直接照明だと明るすぎるけど、間接照明がひとつだけだと物足りない、そんな時は複数の間接照明を使って室内空間を自分好みにカスタマイズしてはいかがでしょうか。

間接照明を使用する際の注意点

間接照明は室内の照明としての役割とともにインテリアとしても楽しめるので、ニーズに合わせて選んで使うと良いですね。

でも、間接照明を使用する前に正しい使い方を知っておく必要があります。使い方を一歩間違えてしまうと、快適になるはずの室内空間がかえって逆効果になる可能性もあります。

常に居心地が良くてリラックスの快適空間を維持するためにも、ここでは実際に間接照明を使用する際の注意点についていくつかまとめてみました。

間接照明でどこまで光を照らすのか

間接照明はおしゃれなインテリアとしても楽しめますが、室内にどこまで光のパワーがあれば十分なのか、よく考えてから購入して使うことです。

室内に置くことによってどこまで光を照らしてくれるのか、どこまで奥行きが広がるのか、要チェックですね。

間接照明の使い過ぎは電気代のムダ

室内のインテリアや快適な空間を生み出すために間接照明を購入したものの、必要以上に使い過ぎてしまうと電気代が上がってしまうこともあります。

間接照明を購入する前に、節電対策についてあらかじめ講じておくことも必要です。

間接照明を多く取り入れすぎたせいで、電気代が大幅に上がるようでは不経済ですよね。家計をよりスリムするためにも、間接照明の使用は必要最小限にとどめておくか、購入前にワット数や消費電力を調べておくことです。

とくに夜寝る前にベッドの横などで間接照明を使用する場合、光が心地良いからとずっとつけっぱなしではいけません。電源の切り忘れがないように注意しましょう。

間接照明の置きすぎは禁物

中には間接照明にこだわるあまりに数種類もの間接照明を室内に置く人もいるようです。

しかし、赤ちゃんや子供がいる場合は、間接照明を倒してケガや事故を起こす原因となりますので置きすぎ・使い過ぎは要注意です。

間接照明で部屋が暗くなりすぎないように

寝る前は直接照明の電灯を消して間接照明の光で本を読む人もいますが、暗い場所で本を読むと視力にも悪い影響を及ぼすこともあります。

間接照明は目に優しい光ではありますが、活字を読むには適度な明るさが必要です。

室内の雰囲気にこだわるだけではなく、間接照明を使うことによって身体に負担をかけないように工夫ことも大切です。

まとめ

間接照明について特徴や上手な選び方、室内での置き方、使い方、おすすめのアイテム、使用上の注意点などをご紹介してきましたがいかがでしょうか。

一言で間接照明とは言っても壁や天井に固定して設置するタイプや持ち運びが便利なタイプなどいろいろあります。その中でどんなものをどのようにして選び、どんな風に使っていくのか、選び方は人それぞれ。

その中から自分が気に入ったものやニーズに見合うもの、室内の雰囲気にピッタリ合うものを選び、上手に活用していけば良いのです。間接照明は単に室内に光りをもたらすだけではなく、心を和ませてくれる癒しアイテム。

最近ちょっとイライラ気味、仕事でストレスが溜まっていて家に帰ったらリラックスしたい、そんな時は間接照明で癒しの空間を演出してはいかがでしょうか。

間接照明は疲れた時や家族との団らん、憩いのひとときに寄り添ってくれるアイテムです。

照明カテゴリの最新記事